同窓会不倫はリスクがあるってわかっていたのに。反省してます。

私が30歳の頃、仲間内で同窓会が開かれました。社会人としてある程度仕事ができるようになってきた30歳という年であれば、同級生との再会も大人な対応ができると期待して参加しました。学生の頃は比較的口数が少なく友達作りが苦手な私でしたが、大人になってからできる友達というのは一生ものであると聞いたことがあったので期待に胸を膨らませていました。
同窓会当日、私を含めて約50人の同級生が集まりました。スーツを着てお酒を飲み、仕事の話や家庭の話、学生時代の思い出話に花を咲かせるという時間は悪い物ではありませんでした。その中で1つ気になったのが1人の女性です。同じクラスだったその女性は、私と同じように学生時代は口数が少なく大人しいタイプの人でした。しかし大人になって再会してみるととても上品でキレイな女性になっていました。肌もキレイで化粧映えし、多くの男性たちが驚いていました。
私は彼女に挨拶をし、会話を楽しみました。お互い似た者同士だと感じていた学生時代を過ごしていたので、会話もはずみましたし共感することもたくさんありました。そして連絡先を交換し、また機会があればお話ししましょうと言ってその場で別れました。
後日彼女からラインが届き、やりとりがスタートしました。ただの友達で不倫ではないので隠す必要もないのですが、なんとなく妻に知られるのが嫌だったため私はこっそりと彼女とのやりとりを行いました。なんとなく初恋のようにお互い遠慮し合い、くすぐったいようなやりとりが続き、私はいつの間にか彼女からのラインを待つような状態になっていました。今思えばこれはすでに恋に発展していたのではないかと思います。
しかしある日妻に不審に思われ問いただされたことがあります。不倫ではないと主張するも、妻からすれば不倫だととらえられてしまっていたのです。私には家庭がありますが、彼女には家庭がありません。そういった部分でも妻は私を許すことができなかったのでしょう。
同窓会で再会した人との不倫は一般的な不倫とは違うリスクがあります。家族にバレるだけではなく、同級生たちの間で噂が広がる場合もありますし、それがなんらかの形で家族の耳に入ってしまう恐れもあります。それを考えれば私の行動というのは非常に軽率だったと思わざるを得ません。散々謝って妻には許してもらいましたが、何年経ってもわだかまりはとれません。軽く抱いてしまった恋心は大人になってから癒すのはとても大変なのだということを初めて知りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です