同窓会の緊張感なのか恋心なのかわからない

中学校を卒業してから20年たち、同窓会が開催されることになりました。男子も女子も仲のいいクラスだったのですぐに行くことに決めました。さらに私は同じクラスに当時お付き合いをしていた彼女がいました。彼女とは自然消滅してしまいましたし、中学校を卒業してから全く会っていませんでした。連絡先も知りませんし、たまに思い出して元気にしているかな、と考えることはよくありました。

同窓会当日は、なんだか緊張していました。久しぶりに会う仲間ばかりですし、元カノがきているのかもすごく気になっていました。10分前に会場に到着しました。会場に入ってみると、すでに多くの友人たちがきていて早速思い出話に花が咲きました。そんなときに後ろから聞き覚えのある明るい声がしました。元カノでした。私は緊張からなのか、なかなか彼女の方を振り向くことができませんでした。そしたら、私の名前がその明るい声でよばれました。緊張しながら振り返ると、彼女がにっこり笑って私をみていました。20年ぶりに見る彼女は、すごく美人になっていました。キャビンアテンダントをしているというだけあり、背も高く同窓会に参加をしていた女子の中でもひときわ目立っていました。

お付き合いをしていたのは20年前ですしもう彼女に対して恋愛感情なんて全くないつもりでした。でも緊張からなのか、彼女に対してのドキドキがなかなか止まりませんでした。彼女も結婚しているし私も結婚しています。不倫関係になることを少し期待している自分がいるのかもよくわかりませんでした。でも彼女が気になって気になって仕方がなく、連絡先を聞きたくてどうしようもありませんでした。連絡先を聞いてしまったら、不倫関係になってしまいそうで怖かったのですが、連絡先を聞かないで帰るという選択肢は私の中にはありませんでした。むしろ、連絡先を聞いて不倫関係になりたい、と少し思っている自分がいました。

私は彼女に連絡先を聞きました。そのときも、これは恋心なのか、というくらいドキドキしている自分がいました。連絡先を聞きだし彼女はにっこりと私に微笑んでくれました。まるで、彼女も私と不倫関係になってもいいと思っているように感じ取れてしまいました。この気持ちが恋心なのか緊張からくるものなのかわからないまま、会場をあとにしました。彼女に連絡をこれからしようと思っています。いまだにドキドキが止まらない自分がいます。久しぶりに青春時代に戻ったような不思議な感覚です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です